保護者のみなさまへ

基本理念

三感「感謝・感激・感動」&三育「知育・徳育・体育」のスポーツ教育

基本理念

お客様への基本姿勢

お客様への基本姿勢

スポーツを通して
1つ たくましい心と身体つくり
1つ 考える力と、自分の意見が言える力づくり
1つ やれば出来る という成功体験づくり

指導目標

「スポーツの楽しさを知り、子どもが好きになる」

指導目標

土台づくり



幼児期〜児童期は、土台づくりが大切である。
スポーツを通して、遊ぶうちに体力を身に付ける。

先生・コーチの行動指針

  • 全てにおいて安全第一に考える。
  • スポーツを通して楽しめる環境を作る。
  • 子どもが自ら考え、行動する機会を作ってあげる。
  • 子どもたちへの言葉使いに気をつけ、真摯な態度で向き合う
  • 全ての子どもたちに公平に接する。
  • 結果ではなく過程を重要し、実際の努力をほめる。

保護者の皆様へのお願い

  • 子どもが楽しめる・チャレンジしたくなる言葉かけをしてあげて下さい。
  • 対話を心がける ほめる・楽しませる・自分で考えさ下さい。
  • 少しのサポートも忘れないこと。「きっかけづくりが大切」にしてあげて下さい。
  • 子どもが親の為でなく、自分自身のためにスポーツをさせてあげて下さい。
  • 試合になれば、審判・相手チームへの敬意を忘れないで下さい。
  • 子どもがルールやマナーを守れるように手助けしてあげて下さい。

そだちカード 親御さんとの連絡ツール

そだちカード
そだちカード
クラブより
 下記事項に基づいて指導にあたっていきたいと考えております。
1 あいさつ、お話を聞く態度などを身につけてほしい。
2 身の回りの事を、身につけてほしい。(特に自分の事は自分で)
3 たくさん動いてほしい。
4 出来ない事を、出来るようになってほしい。
5 様々な運動経験をしてほしい。
6 各種目の基礎を身につけてほしい。
7 がんばる気持ちをもってほしい。(あきらめない、できるようになりたい)

オリジナル ユニフォーム

オリジナル ユニフォーム

修了証

園児クラス&小学生クラスの過程最後に渡す賞状

修了証

さわだ式運動プログラム(理論と実践の幼児体育指導)

一人ひとりの個性を伸ばす(結果ではなく経過を大切に)

さわだ式運動プログラム

課外教室

課外教室

体操教室

園児は先ず運動への興味づけから始め、身体を動かすことが好きになるように、そして体力をつけながら、段階を追ってマット、とび箱、鉄棒など器械運動の基礎技術を身につけたり、各身体部位の機能発達を促すよう、カリキュラムに組み立てて指導します
  • 体操教室
  • 体操教室
  • 体操教室
  • 体操教室

サッカー教室

サッカーは、体のあらゆる運動機能を使ってするスポーツとして、子ども身体発達の面 からも注目されています。
競技を通じ仲間と協力することで、社会性や集団行動、チームワークの大切さを学びます。
ゲームからは、多くの"感動"を体験します。
  • サッカー教室
  • サッカー教室
  • サッカー教室
  • サッカー教室

新体操(キッズダンス教室)

新体操は、身体のしなやかさや敏捷性、リズム感を養うことにとても効果的なスポーツです。
音楽に合わせ踊ることは、創造性を促し、’姿勢が良くなる’ということでも人気があります。
指導では、手具(ボール・リボン・フープなど)も使用し、年に1回発表会を行います。

さわだスポーツクラブ新体操部では、現在約300名の年中さんから小学6年生までの子ども達が元気にレッスンをしています。
子ども達に新体操というスポーツを通して、五感を大切に、心の大切さ、表現力、想像力、集中力、判断力を養うなど、
バランスの良い発育を育んで欲しいと願い、指導させて頂いております。
特に、あいさつ、友達への思いやり、協力する気持ちなどの心の教育に力を注ぎたいと考えています。
スタッフ全員が一丸となって子供達のために頑張ります!
ご興味のある方は、是非お問い合わせ下さい♪
新体操(キッズダンス教室)
  • 柔軟な身体をつくるための手助けをします。
  • 手具を扱うことで、握力などの筋力を養います。
  • 音楽を用いることでリズム感を養います。
  • 身体全部を使って表現をする表現力・想像力を養います。
  • 友達と協力する態度や習慣を養います。
  • 集中力・判断力・決断力を養います。

育ち場空手道場)

空手道とは、単に勝負を目的とするものではなく、日頃の稽古を通じて、
たくましい精神力と体力を育成し、バランスのとれた人間形成を計ろうとするものですあいさつなどの礼儀作や、
身体のバランス作り、挑戦意欲の育成に最適です。
指導者:社団法人日本空手協会総本部の師範が担当いたします。

育ち場空手道場

現代の子供達に一番欠けている”たくましい心と身体、礼儀”は、人づくりの基本ですが、残念ながら戦後教育、家庭環境などの影響により欠落しております。
そこで、当さわだスポーツクラブでは、
文部科学省認可であり日本最大空手団体「社団法人日本空手協会総本部」の全面的バックアップをあおぎ”こども空手”を幼稚園、保育園などで普及していくことにしました。
ご興味のある方は、是非お問い合わせ下さい。

教室案内

サッカー教室

サッカーは、体のあらゆる運動機能を使ってするスポーツとして、子ども身体発達の面 からも注目されています。
競技を通じ仲間と協力することで、社会性や集団行動、チームワークの大切さを学びます。
ゲームからは、多くの"感動"を体験します。
対象 クラス名 曜日 時間 内容 会費(税込)
幼児〜小学生 サッカー 火〜土 14:00〜18:45 サッカーは、体のあらゆる運動機能を使ってするスポーツとして、子ども身体発達の面 からも注目されています。
競技を通じ仲間と協力することで、社会性や集団行動、チームワークの大切さを学びます。ゲームからは、多くの"感動"を体験します。
週1回
6,000円(税抜)

新体操(キッズダンス教室)

新体操は、身体のしなやかさや敏捷性、リズム感を養うことにとても効果的なスポーツです。
音楽に合わせ踊ることは、創造性を促し、’姿勢が良くなる’ということでも人気があります。
指導では、手具(ボール・リボン・フープなど)も使用し、年に1回発表会を行います。

さわだスポーツクラブ新体操部では、現在約300名の年中さんから小学6年生までの子ども達が元気にレッスンをしています。
子ども達に新体操というスポーツを通して、五感を大切に、心の大切さ、表現力、想像力、集中力、判断力を養うなど、
バランスの良い発育を育んで欲しいと願い、指導させて頂いております。
対象 クラス名 曜日 時間 内容 会費(税込)
幼児〜小学生 新体操 火〜土 14:00〜18:30
  • 柔軟な身体をつくるための手助けをします。
  • 手具を扱うことで、握力などの筋力を養います。
  • 音楽を用いることでリズム感を養います。
  • 身体全部を使って表現をする表現力・想像力を養います。
  • 友達と協力する態度や習慣を養います。
  • 集中力・判断力・決断力を養います。
週1回
6,000円(税抜)

育ち場空手道場

空手道とは、単に勝負を目的とするものではなく、日頃の稽古を通じて、
たくましい精神力と体力を育成し、バランスのとれた人間形成を計ろうとするものですあいさつなどの礼儀作や、
身体のバランス作り、挑戦意欲の育成に最適です。
指導者:社団法人日本空手協会総本部の師範が担当いたします。
対象 クラス名 曜日 時間 内容 会費(税込)
幼児
(年少〜年長)
空手 水曜日 14:40〜15:40 (社団法人)日本空手協会の世界大会レベルの講師があいさつなどの礼儀作法はもちろんのこと、集中力や忍耐力が身につくように指導していきます。
小学生は、空手着を着用して練習を行っており資格取得に向けての指導にも力を入れています。
5,500円(税抜)
幼児〜小学生 16:00〜17:10
幼児〜小学生 17:20〜18:30
お問合せはこちら