園関係のみなさまへ

正課体育

正課体育

〈各園の教育方針を基にカリキュラムを構成します〉

保育・教育の一環としての正課体育となるように、園長先生をはじめ、各先生方との打ち合わせの上で、独自の指導案を作成し指導にあたります。

〈健康・人間関係・環境・言葉・表現〉

5領域全般を意識した指導を心がけて参ります。

〈達成感・自信・向上心〉

子どもたちの心に目を向けた指導を心がけて参ります。

〈負担なく出来るようになる指導・つまずきの改善〉

負担なく、そして楽しみながら成果のあがる指導を心がけて参ります。

例) 年長さん3クラスであれば、各クラス40分ずつ実施
当クラブは、朝・昼の自由あそびの時間も大切な関わりと考えております。

運動会

当クラブでは、年に数回の保育者の方向けの『運動会実技講習会』を開いております。
年齢別の競技種目・リズム運動・指導方法など多くのオリジナルを保管しています。

最近の運動会がマンネリ気味!
種目がなかなか思い浮かばない
子どもたちへ良いアドバイスができない
そんな保育現場の先生方を応援します!


組立体操・バル−ン種目の指導から、競技種目・リズム運動のアドバイスまで幅広くお手伝いしています。

課外教室

課外教室

体操教室

園児は先ず運動への興味づけから始め、身体を動かすことが好きになるように、そして体力をつけながら、段階を追ってマット、とび箱、鉄棒など器械運動の基礎技術を身につけたり、各身体部位の機能発達を促すよう、カリキュラムに組み立てて指導します
  • 体操教室
  • 体操教室
  • 体操教室
  • 体操教室

サッカー教室

サッカーは、体のあらゆる運動機能を使ってするスポーツとして、子ども身体発達の面 からも注目されています。
競技を通じ仲間と協力することで、社会性や集団行動、チームワークの大切さを学びます。
ゲームからは、多くの"感動"を体験します。
  • サッカー教室
  • サッカー教室
  • サッカー教室
  • サッカー教室

新体操(キッズダンス教室)

新体操は、身体のしなやかさや敏捷性、リズム感を養うことにとても効果的なスポーツです。
音楽に合わせ踊ることは、創造性を促し、’姿勢が良くなる’ということでも人気があります。
指導では、手具(ボール・リボン・フープなど)も使用し、年に1回発表会を行います。

さわだスポーツクラブ新体操部では、現在約300名の年中さんから小学6年生までの子ども達が元気にレッスンをしています。
子ども達に新体操というスポーツを通して、五感を大切に、心の大切さ、表現力、想像力、集中力、判断力を養うなど、
バランスの良い発育を育んで欲しいと願い、指導させて頂いております。
特に、あいさつ、友達への思いやり、協力する気持ちなどの心の教育に力を注ぎたいと考えています。
スタッフ全員が一丸となって子供達のために頑張ります!
ご興味のある方は、是非お問い合わせ下さい♪
新体操(キッズダンス教室)
  • 柔軟な身体をつくるための手助けをします。
  • 手具を扱うことで、握力などの筋力を養います。
  • 音楽を用いることでリズム感を養います。
  • 身体全部を使って表現をする表現力・想像力を養います。
  • 友達と協力する態度や習慣を養います。
  • 集中力・判断力・決断力を養います。

育ち場空手道場

空手道とは、単に勝負を目的とするものではなく、日頃の稽古を通じて、
たくましい精神力と体力を育成し、バランスのとれた人間形成を計ろうとするものですあいさつなどの礼儀作や、
身体のバランス作り、挑戦意欲の育成に最適です。
指導者:社団法人日本空手協会総本部の師範が担当いたします。

育ち場空手道場

現代の子供達に一番欠けている”たくましい心と身体、礼儀”は、人づくりの基本ですが、残念ながら戦後教育、家庭環境などの影響により欠落しております。
そこで、当さわだスポーツクラブでは、
文部科学省認可であり日本最大空手団体「社団法人日本空手協会総本部」の全面的バックアップをあおぎ”こども空手”を幼稚園、保育園などで普及していくことにしました。
ご興味のある方は、是非お問い合わせ下さい。

ABCプログラム

さわだSCオリジナル 「運動と脳の」運動プログラム発動

ボールで遊ぼう 1

ボールで遊ぼう 2

2人組ボール遊び

反応して見よう!

サーキット

ABCプログラム

ABCプログラム

ABCプログラム

協力:文教大学 小児科 成田先生
プログラム協力:柳澤プログラム

柳澤先生 成田先生

@運動と脳のかかわり

脳を育てようとすると、どうしても早期教育・勉強づけになりがちです。
でも、本来は・・@体 A脳 B心 この3つが ちょうどよいバランスを取って正三角形になる状態が健全に育っている状態であり、心と体の部分も「脳」なのです。
育てる順番は、@体 A脳 B心の順番に育てなければいけません。
そのためには、 「食べて・動いて・良く寝よう」という生活リズムを整えるという単純な事が秘訣になるのです。

心と脳と体は関連しあってます

A神経細胞のつながりは、遺伝より環境に左右される

脳の内部には、沢山の「神経細胞」と呼ばれる細胞(通常、140〜200億個)があり、この細胞たちが、神経突起を使ってお互いにつながりあうことで脳が機能するのです。

この神経細胞のつながりを、「シナプス」と呼びます。
脳がきちんと機能するために「脳を育てる」ということは、つまり「シナプスを増やす」ということです。
シナプスはとくに5歳までの子どもの脳では、刺激を受けることで大きく増えまた、これが、この時期の子どもに必要な「脳の土台作り」です。

人間は生まれたときに、神経細胞はあるけれどつながりがない、そんな状態です。 ゆえに赤ちゃんは、最初は言葉もしゃべれず、自分で立ち上がることもできず、目すら見えません。
ところが、生後1年ほどで、言葉をしゃべりだし、立ち、歩くことができるようになります。
さらに2〜3年も経つうちに、バタバタと走りまわったり、何でも食べようとしたり、複数の言葉を組み合わせた分を使ったりして、自分の意志を他人に伝えれるようになります。
これはすべて生まれた後、脳がシナプスを増やし、どんどん育っていった証拠です。
この脳内の神経のつながりの作られ方は、遺伝によって決められる部分もありますが、多くの部分は生後の環境から与えられる刺激によって左右されるということがわかってきています。

人は生まれてからだんだん育つ

B運動を通して、こんな子どもに育てよう!!

1.頭を使うことが好き

 工夫したり、想像したり、考える楽しさを体でおぼえよう

2.体を動かすことが好き

 「なぜだか運動することが、本能的に好き」な子にしよう

3.人と、かかわることが好き

 臆さず笑顔でコミュニケーションを積極的にとれる子
運動を通して、こんな子どもに育てよう!!

幼児期の運動の経験が将来の運動能力を左右します!

  • 神経系に関わる脳の成長は、10歳前後で成長のピークを迎え、その後は緩やかな成長になります。
    この時期の運動が、脳の発達に重要な役目を果たします。
  • 運動することによって視覚、聴覚、言語、触覚、手の機能をも発達させます。

発育パターン図

ABCプログラム

@

ABCプログラム1

もしもし かめよ かめさんよ
せかいのうちに おまえほど
あゆみの のろい ものはない
どうして そんなに のろいのか


左手をグ−にして、胸の前におき、右手をパ−にして前に突き出します
歌に合わせて
左手をパ−にして前に、右手をグ−にして胸にするなど、交互に動かします

A

頭もよくなる運動プログラム2

準備体操を通じて右手は、前まわし左手は、後ろまわし

連続ジャンプ
腕を横に開いた時は、足を揃えて
腕を閉じた時は、足を開く
  • 左右・上下を非対称に動かすことで、脳への命令刺激が、難しくなり、協応性の習得につながります。
  • 動きづらい状況にチャレンジすることが、成長の第一歩。

B

模倣運動のくま歩き(よつんばいあるき) 前方に動くことも、四本の手・足の動きを組み合わせていくものですが、それをさらに、後方に動くとなると、相当動きづらい状況を作り出せます。

C

想像力を膨らますこと、いわゆるイメ−ジトレ−ニング絶対失敗しない運動の練習方法

いかにも、縄をもっているように登場します。
集まっている子どもたちの足元を通すように進んでいくと・・・
子どもたちは、縄にあたらないようにジャンプします。
通り過ぎたら、次は頭の上を通過させるように進みます。
すると、こんどは子どもたちが次々にしゃがんでいくではありませんか。
少しずつ、動きを小さくしていき、その場で大きく腕を回していくと・・・

見えない大縄跳びの、はじまりはじまり〜

D

運動脳プログラム

タイミングあわせ
例えば、立幅跳び。
年齢が上がるにつれて上半身(腕のふり)を使って反動をつけていきますが、タイミングを合わせていくことも重要です。その際の、ワンポイントとして・・・

数字のカウントより、言葉、例えば『ラ−メン』、『バナナ』などに合わせてリズムやタイミングをとると、上手くいきます。
運動面でも、長縄に入るときに、回っている縄に合わせて『ラ−メン』と言いながらタイミングを合わせてみたり、逆上がりをする際に、『さかあがり』の言葉に合わせて、足を振り上げるなどにも活用できます。
運動と脳の関連性が、さわだSCの一番の話題になっています。

運動脳プログラム

基本 時間=60分
10分 挨拶(礼儀作法)
10分 ふれあいあそび(5領域を取り込む)
健康・環境・言語・表現・人間関係
組作り運動・身体制御運動
鬼ごっこあそび
5分 リズム運動 左右対称運動
10分 基本運動
(保育現場=日常起こる動き+非日常の動き)をとり得れた運動
歩く・走る・跳ぶ・まわる・はう・しゃがむ
20分 サーキット運動または運動ゲーム
基本編(動き作り)
応用編(種目運動)
5分 挨拶
人間らしい高度な脳の動きの一つ 〜前頭葉の働き〜
お問合せはこちら